予防接種|千葉市若葉区のみつわ台駅徒歩1分|こま内科呼吸器内科|小児科・内科

  • 小児科
  • 一般内科

千葉県千葉市若葉区みつわ台2-38-10

電話する

休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日
診療時間 日祝
9:00~11:30
15:00~17:30

予防接種

当院では、子どもと大人の予防接種をそれぞれ行っております。

当クリニックで行っている予防接種

子どもの予防接種

お持ちいただくもの

予防接種予診票、母子健康手帳、健康保険証、小児医療証、診察券(お持ちの方) など

※接種当日はいつも通りの生活をして構いませんが、激しい運動は避けます。接種後、体調の変化が見られた際は、すぐに医師にご相談ください。

生ワクチンと不活化ワクチンについて

生ワクチン

生きた病原体(細菌やウイルス)の病原性を弱めたものを接種して感染させ、免疫(抵抗力)をつけるワクチンです。その病気に罹ったのと同様の強い免疫が得られます。そのため接種回数は不活化ワクチンと比べ、少なくて済みます。また、次に違う種類のワクチンを接種する場合は、4週(中27日)以上の間隔を空ける必要があります。

不活化ワクチン

細菌やウイルスにホルマリンや紫外線による処理を加え、免疫をつけるのに必要な成分だけを残して、増殖性や毒性を無くしたワクチンです。生ワクチンと異なり、十分な免疫をつけるには、数回の追加接種が必要になります(※接種回数は、ワクチンの種類によって、それぞれ異なります)。また、次に違う種類のワクチンを接種する場合は、1週(中6日)以上の間隔を空ける必要があります。

定期接種と任意接種

予防接種には、以下に記すように「定期接種」と「任意接種」の2種類があります。

定期接種

国が「一定の年齢になったら受けるように努めなければいけない」(接種の勧奨)と規定しているワクチンです。
接種費用は対象年齢内・規定回数内であれば、基本的に公費で負担されます(対象年齢や規定回数を超えたり、指定の医療機関以外で受けたりした場合の接種費用は、全額自己負担となります)。

任意接種

定期接種以外の予防接種です。「任意」とは、受けなくても良い予防接種といった意味合いではなく、どれも大切なものばかりです。費用は基本的に自費になりますが、それでもやはり接種を受けられるよう、お勧めいたします。

大人の予防接種

当院では、大人向けにインフルエンザ・肺炎球菌・麻しん・風しんワクチンの接種を、それぞれ行っております。
これら以外の予防接種をご希望の方は、ご相談ください。

当院で行っている予防接種

インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、麻しんワクチン、風しんワクチンなど

インフルエンザワクチン

インフルエンザの感染予防には、「マスクの着用」「手洗いの励行」「適度な湿度の保持」「十分な休養」「バランスのとれた栄養摂取」がポイントです。もう一つ、インフルエンザを予防する有効な手段に、流行前のワクチン接種があります。
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も年ごとに行う必要があります。
インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行することを考えると、毎年12月中旬頃までに接種するのが望ましいでしょう。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、がん、心臓病に続いて、日本人の死亡原因の第3位を占めています。高齢者や基礎疾患を持っている方などは肺炎に罹りやすく、しかも治りにくい傾向がありますので、特に注意を要します。
肺炎を予防するためにできることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。
肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌です(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。
※接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

麻しんワクチン

最近、子どもだけでなく、成人(特に20代など若年層)にも麻しん(はしか)の流行が見られます。皮膚や口腔粘膜の発疹、発熱などの症状が現れますが、時に脳炎、肺炎などを合併して重症化することがあり、生命に関わるケースさえあります。
過去に麻しんワクチンの接種を受けた人でも、その免疫が弱くなっている可能性があります。ワクチンにより体内には人工的に免疫が作られますが、ワクチン接種後に自然の麻しんウイルスに晒されないと、効果が弱まってしまいます。予防接種率が高まって麻しんが流行しにくくなっている反面、麻しんウイルスに接する機会が少ないために、乳幼児期の予防接種の効果は、大人になるにつれて薄れてしまいます。
大人の方で、これまで麻しんに罹ったことが無く、予防接種を受けていない方や1回しか接種していない方は、2回の予防接種をお勧めします。

風しんワクチン

風しんは風しんウイルスによって起こる全身疾患で、症状としては発熱と発疹、リンパ節の腫れなどが特徴的です。成人が罹ると、高い熱が続き、関節の痛みも生じ、一般に子どもより症状が強く出ます。なかでも問題になるのは、妊婦への感染です。妊娠初期に母体が風しんに感染すると胎児にも感染が及び、生まれてきた赤ちゃんに、白内障、先天性心疾患、難聴、発達遅延などが現れる可能性があります(先天性風疹症候群)。ワクチン接種が1回(現在は2回接種が基本)または接種不明、未接種の方、特に妊娠可能な女性とそのパートナーには、妊娠前の接種をお勧めします。

※千葉市の予防接種についての詳細は、「千葉市」のホームページをご覧ください。